トリミングサロンの独立開業に必要な資格「動物取扱責任者」と「第一種動物取扱業」について

トリミングサロンやペットサロンの独立開業に必要な資格「動物取扱責任者」について

トリマーを職業として目指している方や、すでにトリマーとして働いている方の中で、トリミングサロンを独立開業を目指している方は多いかと思います。

そこで、トリミングサロンの独立開業にで必須の動物取扱責任者と動物取扱業の資格について解説をします。

LINE無料の独立開業相談もしているので、はじめての開業で不安な方はお気軽にご相談ください。

>>>LINEで無料の独立開業相談をする

また、これから独立開業を目指す方や現役の経営者向けに、2ヶ月待ちのトリミングサロンやプードルカットの単価1.4万円の高級トリミングサロンの経営者が集客や売上アップのための無料メルマガを配信しています。アドレスだけで簡単に登録できます。

>>>無料メルマガに登録する

【完全マニュアル】トリミングサロン独立開業をするためにやること

目次

トリミングサロンやペットサロンの独立開業には、動物取扱責任者の資格が必要

結論から言うと、動物取扱責任者の資格が必須になります。

動物取扱責任者の資格はトリミングサロンを開業するには必須の資格で、動物取扱責任者の資格を取得しないことにはトリミングサロンの独立開業はできません。

そのため、動物取扱責任者の資格を取得要件を満たすことが、トリミングサロン独立開業には必須となります。

動物取扱責任者の資格要件に当てはまっていれば、動物取扱業の資格取得の申請ができる

動物取扱責任者とはトリミングサロンであれば「保管」の第1種動物取扱業を取得する必要があります。

第1種動物取扱業の資格は取得は動物取扱責任者を置くこととが必要なので、オーナートリマーであれば動物取扱責任者はオーナー自身のケースが多いです。

そのため、動物取扱責任者の要件を満たすことは第1種動物取扱業の資格を取得することとイコールと考えてもいいでしょう。

そのため、まずは動物取扱業の資格を取得するために、動物取扱責任者の要件を満たしているのかを確認する必要があります。

動物取扱責任者の資格取得に必要な要件

下記1.2.3.4のいずれかを満たす必要があります。

①.獣医師
②.愛玩動物看護師
③常勤職員として半年以上の実務経験+所定の学校を卒業
常勤職員として半年以上の実務経験+所定の資格を取得

⑤.1年間以上の飼養に従事した経験+所定の学校を卒業
⑥.1年間以上の飼養に従事した経験+所定の資格を取得


多くの方は、3か4の要件を満たすことで、動物取扱責任者の資格取得がしやすいかと思います。

半年間の実務経験は必須+所定の学校卒業または所定の資格の取得ができれば開業が可能と言うことです。

所定の資格に関しても合格率が80%以上の資格も多いので、資格取得に関してもそれほどハードルは高くありません。

③か④での動物取扱責任者の資格取得の例:

1.要件を満たしている専門学校を卒業をしてから、トリミングサロンなどで半年以上の実務経験を積めば開業可能

2.所定の学校の要件を満たしていないトリマー塾などを卒業後、半年間トリミングサロンで実務経験をし、愛玩飼養管理士を合格すれば開業可能

資格要件④と⑤に関しては、取り扱う動物の種類の実務経験と同じに認められる、1年間以上の飼養従事した経験も要件の1つとなるようですが、範囲が広く抽象的なので、もしトリミングサロン開業にあたって1年間以上の飼養従事の経験に該当をしそうな要件があれば、直接管轄の保健所に確認をしてみてください。

ただ、単に犬を飼っていたというのは飼養に従事したということにはならないのでお気をつけください。

上記のことから、通常の動物取扱責任者の資格要件は③または④の要件を目指すことがオススメです。

所定の主要認定資格について

資格を取得する際は、トリミングサロン開業の認定資格として適用されるかを、事前に管轄の動物行政担当部署に確認をしておきましょう。

以下は生体販売や訓練などは適用されない場合もあるので注意してください

愛玩動物飼養管理士(1級・2級)
愛犬飼育管理士
愛護動物取扱管理士
家庭犬訓練士(初級、中級、上級、教師)
家庭動物管理士
公認訓練士
動物介在福祉士(初級、中級、上級、教師)
動物看護師(初級、中級、上級、教師)
トリマー(初級、中級、上級、教師)
ペットシッター士

どの資格を受ければいい? 
【2020年】動物取扱責任者の各認定資格の合格率について

トリマー塾は所定の学校としてみなされるのか?

動物取扱責任者の資格要件のうち「所定の学校を卒業」とありますが、公立か学校法人の大学や専門学校を卒業していることが要件になるので、トリマー塾では所定の要件を満たすことは難しいでしょう。

トリマー専門学校を中退したけどトリマーになりたい場合、所定の学校の卒業要件にはならない?

トリマー専門学校を卒業せずに中退された場合、卒業としては認められないので、再度入学をし直して卒業をするか、所定の資格を取得する必要があります。

所定の資格を取得する方が動物取扱責任者の資格要件は取得しやすいですが、トリマーとして就職できるハードルが上がるので、ご自身の知識やスキル、お金とバランスを考えて決めることがオススメです。

専門学校の選び方
【トリミングサロン経営者が解説】後悔しないトリマー専門学校の選び方

6ヶ月以上の実務経験について

第1種動物取扱業者での半年の実務経験が必須

通常のトリミングサロンやペットショップであれば、第1種動物取扱責任業者として登録を受けていますが、届出を出していないで出張トリミングなどをしているようなトリミングサロンでの実務経験は、実務経験とカウントされないのでご注意ください。

通常であればそれほど気にする必要はありませんが、副業で出張トリミングなどをされているような方だと、もしかすると第一種動物取扱業の登録を受けていないということもあるかもしれないので、心配な方は事前に確認をしてみてください。

半年以上の実務経験はアルバイトでもいいのか?

半年以上の実務経験の要件として「職員として勤務していたこと」とあり、職員とは正規雇用のことをさすので、社員として半年間の実務経験が必要になります。

しかし、私の知り合いでトリマーとしてアルバイトをして半年以上働いていた方が、動物取扱責任者の資格を取得していたので、アルバイトでも半年以上の実務経験に該当をするのか管轄の保健所に問い合わせを行うのがオススメです。

社員と同じような頻度で週5日などで勤務であれば、もしかすると職員として勤務をしていたと同等と取り扱ってもらえる可能性もあるのかもしれません。

勤務期間は6ヶ月以上、時間換算で概ね800時間以上であることが必要

1ヶ月22日働いたとして、1日6時間勤務であれば6ヶ月以上の要件は達成します。

実務証明書などで証明できること

事業主が発行する実務経験書、在籍証明書、退職証明書などで実務経験を証明する必要があります。

半年以上の実務経験はトリミングサロンではなく、ペットショップでもいい?

半年以上の実務経験は従事した業種の実務経験だけではなく、関連業務の実務経験が認められる場合もあるようです。

しかし、トリミングサロンの独立開業を目指すためにペットショップでトリミングをしないまま半年間業務をするのは本質がズレてしまうのでオススメしません。

トリミングサロンの独立開業を目指すのであれば、どのようにトリミングサロンが運営されているのかを実際に経験することは非常に重要なことだと言えます。

動物病院でトリマーとしての実務経験は要件を満たす?

動物病院としてトリマーとして働いていれば、実務経験として当てはまる可能性は非常に高いです。

しかし、実務経験に関しては自治体によっても多少解釈が異なる場合もあるので、管轄の保健所に確かめてみることで確実ない回答を得ることができます。

半年以上の実務経験を積めるかが、動物取扱責任者を取得できるポイント

要件を満たしているトリマー専門学校であれば、卒業後は新卒から求人募集をしているトリミングサロンは多くあるので、半年以上の実務経験を積みやすく、開業までのハードルは一番低い方法だと言えます。

反対にトリマー専門学校を卒業せずに、トリマー塾や独学でトリマーを目指す場合、トリマーとして雇ってもらえるトリミングサロンを探すことは大変だと思います。


そのため、動物取扱責任者の資格取得のための一番高いハードル「半年間の実務経験」だと言えます。


もちろん、人手不足のトリミングサロンも多くあったり、未経験からトリマーとして働けるトリミングサロンなども場所によってはあるので、色々と探してみるということがオススメです。

トリマー塾や独学で6ヶ月間の実務経験を積む方法

トリマー塾や独学で学んだ場合でも、半年間の実務経験は必須となります。

動物取扱責任者の資格は必要ですが、トリマーは国家資格ではないので、技術力が高ければ雇ってもらえるトリミングサロンは少なくありません。

しかし、トリマー塾や独学で学んだ場合、カット数をこなすことができないので、やはりカット技術に不安がある方が多いかと思います。

今住んでいる場所で、通勤できる範囲のトリミングサロンに連絡をして、今いるあなたの事情を説明してアルバイトからでも雇ってもらえるトリミングサロンを探してみることがオススメです。

求人を募集しなかったとしても、熱意を伝えれば雇ってもらえる可能性もあるかと思います。


その間も、愛犬でカット練習をしたり、友人でわんちゃんを飼っている方にカットの練習をさせて欲しいとお願いをして、技術力に磨きをかけてください。

カットが上達したのであれば、その写真を撮影して、断られてしまったトリミングサロンにお写真という実績を持って再度お願いをしてみてもいいかもしれません。

6ヶ月間の実務経験で独立するのは無謀

この記事を読んでいる方の多くの方がわかっているかと思いますが、トリマーとして働き始めて6ヶ月で独立開業をするのは無謀だと言えます。

カット技術はもちろん、犬に対する知識や、お客様への対応など、トリミングサロンはただカットをすればいいというものではなく、トリミングサロンという事業の経営をしていかなければいけません。

そのため、少なくとも3年以上はさまざまなことを学び、独立開業に備えるのがオススメです。


カット技術一つとっても、あなたが好きなカットはお客様が好きなカットではないかもしれませんし、その自分の好きなカットを押し付けてしまったら、いくらあなたが可愛いカットだと思ってもお客様は離れてしまいます。

予約の多いトリミングサロンはお客様の心をがっちり掴んでいるのは、カット技術だけではない部分も大切にしているからです。

できることなら少しずつステップアップをしていき、いずれ人気のトリミングサロンに就職をして経験を積み、あなた自身のトリミングサロンを開業されるのもいいかもしれません。

動物取扱責任者講習について

動物取扱責任者の要件を満たしている場合、動物取扱責任者の資格を取得することはできますが、動物取扱責任者になるための講習を受けることが必須です。

開業日直前に動物取扱責任者の講習に申し込もうとしいると、この講習の日程と合わないと、月に1回程度しか講習をしないことが多いので、開業が1ヶ月先に伸びてしまうということもありえます。

そのため、動物取扱責任者の要件を満たしている場合、お店の開業前にゆとりをもって動物取扱責任者の講習を受けるようにしましょう。

「動物取扱責任者講習はなるべく早く受ける」ということは必ず忘れないようにしてください。

動物取扱責任者の要件を満たしたら、第1種動物取扱業の資格を取得する

第1種動物取扱業の資格取得のためには、お店が出来ている状態で保健所の担当の方に見てもらい、第1種動物取扱業の施設要件を満たしているかを確認する必要があります。

じつは施設要件が意外と細かく設定されており、事前にしっかりと確認をしておく必要があります。

動物取扱業取得のために必要な設備

動物取扱業の取得をした実体験から必要な設備の説明をしています。

しかし、当店がOKだったものが必ず他店でも大丈夫というわけではありませんので、不明な点は必ず管轄の保健所の担当者に確認をとっておくのが安心です。

また、以下の設置要件の設備は、動物取扱業の申請用紙に手書きで記載をしていく必要があるので、基本的には全て書くようにしてください。

とくに一番最後の遮光の部分は分かりにくく見落としがちなので気をつけてください。

ケージ

トリミングをする際にお預かりをする時にケージの設置が必要になります。

動物取扱業の申請の際、何頭お預かりをするなどの情報を記入をする必要があり、その記入した頭数分のケージが必要になります。

ケージの種類は通常の網のケージや、サークルのようなものでも大丈夫でした。

同じ時間帯でお預かりする最大の頭数を記入をして、その分のケージを用意しましょう。

例えば、ヒトリマーで1頭しかお預かりしない場合なら1つのケージだけで大丈夫ですが、複数人雇用をすると頭数が増えてくると思うので、例えば同時にトリマー3名が3頭のトリミングをするとなると最低でも3つのケージは必要になります。

また、ケージは転倒防止の対策をされているかもチェックされます。

照明設備

照明設備に関しては普通にお店を作れば照明はつくと思うので、普通のお店を作れば問題はないです。

給水設備

給水設備は水を入れられることができる場所を作る必要があります。

ただ、ドッグバスエリアには必ずシャンプーをするので、給水設備に関してはドッグバスと兼ねても特に問題ありませんでした。

もちろん、必ずドッグバスを給水設備を兼ねて大丈夫という保証はありませんので、心配な方は必ず管轄の保健所に確認をしてください。

排水設備

給水設備があれば基本的には排水設備もセットになっているので、こちらは普通に給排水設備を作れば問題ありません。

洗浄設備

給水設備、排水設備、洗浄設備を分けて記載しているのでわかりにくいですが、洗浄設備も基本的にはドッグバスエリアで記載をしました。

消毒設備

こちらはトリミングテーブルやケージなどを消毒する際の消毒液のスプレーなどを用意しておく必要があります。

とくに必要な成分の指定はなかったので、消毒ができるということがわかればいいかと思います。

汚物・残さ等の廃棄物の集積設備

こちらはゴミ箱を用意しました。

サイズ指定はとくになかったので、小さめなゴミ箱でも問題はありませんでした。

動物の死体保管所の設置

動物の死体保管所というのは仰々しい感じですし、トリミングサロンには必要のないものだと思いますが、動物取扱業の取得の際には必要なものとなります。

動物取扱業の要件をチェックする担当の方は「普段はタオルや物などを収納する衣装ケースをいざというときに使うという体で用意してもらえれば大丈夫」と仰っていたので、ものを保管する衣装ケースなどをいざというときに使うと説明すればいいかと思います。

動物取扱業の申請書にもこの動物死体保管所の場所を指定して書かないといけないので注意してください。

餌の保管場所

災害時のためにはドッグフードを用意しておく必要があるので、餌の保管所の設置も動物取扱業の条件の一つとなっております。

ドッグフードの量に関しての指定はとくにないので、とりあえず1袋用意をしておくくらいで大丈夫だと思います。

当店の動物取扱業の申請の際には、ドッグフードを用意していましたが、物販用においていたオヤツでも大丈夫でした。

担当者によっては必ずドッグフードではないとダメなどということもあるかもしれまいので、心配な方は管轄の保健所に確認をしておきましょう。

清掃設備

ほうきとチリトリと掃除機などで大丈夫でした。

空調設備

エアコンと換気扇の設置は必要です。

何個必要かという要件はありませんが、人が多かったり範囲が広い場合は複数の換気扇をつけるほうがいいかと思います。

当店ではトリミングエリアは湿気が多いドッグバスエリアの上部とお会計スペースに換気扇を設置しました。

換気扇をつけ忘れるということはあまりないかと思いますが、内装の打ち合わせの際には必ず確認をしておきましょう。

遮光のため又は風雨を遮るための設備(ケージ等がすべて屋内にある等、当該設備の必要のない場合を除く。)

ここはしっかりと確認をした方がいい事項になります。

一見なにも必要ないと思われるかもしれませんが、直射日光がトリミングスペースやケージなどに当たる場合、遮光のためにカーテンのような直射日光を遮る設備を設置する必要があります。

動物取扱業の要件チェックの時に担当者が来て、直射日光が当たって遮光する設備がない場合は、設置をするように言われるかと思います。

内装を入れる前に直射日光が当たるのかを確認して、当たる場合はカーテンやロールスクリーンなどの遮光できるものを設置するようにしましょう。

ねずみ、はえ、蚊、のみ等の衛生動物が侵入するおそれがある場合は、侵入を防止できる構造である。

こちらも窓やドアがなく常時開放されているような状態でなければ問題ないかと思います。

普通のお店はねずみが侵入するおそれがある構造には中々なりにくいかと思います。

床、内壁、天井及び付属設備は、清掃が容易である等衛生状態の維持及び管理がしやすい構造である

こちらも普通の店舗あれば問題ないかと思います。

動物の種類、習性、運動能力、数等に応じて、動物の逸走を防止できる構造および強度である

こちらは重要な項目になります。

基本的にトリミングサロンであれば犬の逃走防止として柵を設けているケースが多いと思います。

他にも、トリミングルームとお会計エリアがドアで区切られていれば動物取扱業の資格取得はできましたが、日々の業務としてそれだけでは少しリスクが高いので、柵を追加で設置するなどしましょう。

設置する柵の指定はありませんが、一般的に販売されているような柵で問題ないかと思います。

(5)飼養施設及びこれを備える設備は、業務の実施上必要な規模である。

(6)飼養施設は、動物の飼養又は保管に係る作業の実施上必要な空間を確保している。

こちらも普通のトリミングサロンであれば特に気にする必要はありません。

設置するケージについての要件

(7)飼養施設に備えるケージ等は、次に揚げるとおりである。
イ 耐水性がなく洗浄が容易でない等衛生管理上支障がある材料を用いていない。
ロ 床面は、ふん尿等が漏えいしない構造である。
ハ   側面、天井は、常時、通気が確保され、かつ、内部が外部から見通すことのできる構造である。
ニ 飼養施設の床等に確実に固定する等、衝撃による転倒防止措置を講じている。
ホ 動物によって容易に損壊されない構造である。

https://www.pref.osaka.lg.jp/doaicenter/doaicenter/shinnseijyoukenn.html


意外とケージの設置に関しては見落としがちですが、トリミングサロン向けに販売されている犬舎であれば耐久性などに問題はないかと思います。

また、網のケージなどでももんだいはありませんが、犬舎でもケージでも転倒防止策を講じる必要があります。

そのため、地震などで転倒をしてしまう構造の場合は、しっかり転倒防止策を講じるようにしましょう。

天井が高いなど転倒防止策についてどのようにすればいいかわからない方は、保健所の担当者に確認をしてみてください。

第一種動物取扱業の保管はどんな業種に必要か?

保管はホテルをやっていないトリミングサロンでも飼い主様からお預かりをしてトリミングをするので保管の資格取得が必要になります。

トリミングカーやペットシッターなども動物を預かるため保管の取得に該当します。

出張トリマーなど飼い主様の横でトリミングをされるような場合、お預かりするとは言えないので保管の資格が必須かどうかの判断は難しいところですが、堺市の動物取扱業を営む方向けのページでは「美容業者(動物を預かる場合)」と記載があるので、出張トリマーで飼い主様から動物を預からなければ保管の資格はいらない可能性もあります。

ただ自治体によって判断が変わることもあったりするので、出張トリマーをしたい場合、事前に管轄の保健所に確認をしておくのがオススメです。

生体販売をする場合は「保管」だけではなく「販売」の資格も必要

今回は生体販売をしない一般的なトリミングサロン向けに解説をしましたが、生体販売をする場合は販売の資格も必要になるので気をつけてください。

第1種動物取扱業の取得手数料

生体販売をしない一般的なトリミングサロンであれば保管のみの資格なので手数料は15,000円になります。

トリミングサロン独立開業の相談受付中

これからトリミングサロンの独立開業をされる方向けにLINEで無料相談を受付けています。

すでに100名以上の方のご相談にのって、多くの方が独立開業をしております。

「独立はしたいけど何から始めればいいのか分からない」「資金的はどのくらいかかるんだろう?」分からないことの相談も大歓迎ですのでお気軽にご相談ください。

まずは相談することで独立開業へのはじめの一歩になるはずです。

独立開業に向けて合わせて読みたい記事一覧

トリミングサロン独立開業を目指す人のための記事一覧を見る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次